2018年1月12日金曜日

バックアップ


楽曲はNAS(Qnap)に入れている。もちろんバクアップ用のUSB-HDDを繋いで週に1度自動的にバックアップするようスケジュールしている。

しかし、先日、Qnapを覗いてバックアップが上手くいっているか確かめると、ログにエラーが出ている。驚いてUSB-HDDの中身を確認すると、ここ数か月の更新がまったく反映されていないことに気が付いた。

ディスク容量にも余裕はあるし、理由はわからないが、こんなことがあるのだ。取り合えずメインPCに繋ぎ変えて手作業でQnapのバックアップをやり直した。

バックアップで一番怖いのは、HDDのハードウエアエラーで知らないうちに楽曲が消えていくことだ。楽曲が多いのでしばらくは消えたことすらわからない。焦ってスキャンディスなどすれば更にデータは消える。

そこで、念の為、もう一つ別にバックアップを取ることにした。8TBのHDDとUSB-HDDケースを購入してメインPCに繋ぎ、ネットワーク上からQnapの楽曲のバックアップを開始した。

昨夜から始めたのだが転送速度の遅いこと。上記の画像は先ほどのその様子。残り時間が29時間だって!はあ、がっくり。

今日は1日Qnapは使わない方が良いね。


*上から2時間ほどたった状況


あれっ!転送速度が10分の1ほどに落ちている。残り時間も逆に増えた。これじゃあいったいいつ終わるのか?! 明日中に終わるだろうか。

2018年1月10日水曜日

ネットワークオーディオ

数年前、PCオーディオは、いつも使っているPCにFoobar2000やJRIVERなどをインストールし、内蔵HDDやNASの楽曲をPCのUSB経由で再生するものであった。
しかし、最近の動きを見ると、PCオーディオの世界においても、ネットワークオーディオが主流に躍り出てきた感がある。

PCオーディオにおけるネットワークオーディオの構成要素は、コントロールポイント、レンダラー、メディア・サーバーとこれらを繋ぐLAN環境である。

●コントロールポイント
・簡単に言えば=>スマホ、タブレット
ネットワークオーディオを管理するPCとソフト。PCはメインPCを使ってもいいが、アプリをインストールすればタブレットやスマホでも使えるので非常に便利。
コントロールポイントソフトには、LINNのKinskyとKAZOO、Upplay、AudionetRPCなどがある。
コントロールポイントを立ち上げると、最初にネットワーク上のメディア・サーバーとレンダラーを検索する。発見すると、画面上にメディア・サーバーの楽曲ツリー、レンダラーのプレイリストが表示される。
メディア・サーバーの楽曲ツリーの中から楽曲を選び、レンダラーのプレイリ・リストに送り再生ボタンを押すと、メディア・サーバーから楽曲がレンダラーに引き渡されて、レンダラーが再生を開始する。

●レンダラー
・簡単に言えば=>音楽再生専用PC
音楽再生に特化したPCと再生ソフトウエア。JPLAYやFoobar2000など。USB-DACとUSBで接続されている。再生が始まると、USB経由でDACに音声信号が送られる。負荷が小さいのでminiPC等で十分。一度設定すれば、普段は電源を入れるだけの黒子となる。音質は、ほぼこのレンダラーで決まる。

●メディア・サーバー
・簡単に言えば=>NAS
楽曲の入ったHDDを搭載したPC。NASもメディア・サーバーである。中に楽曲をネットワーク上のコントロールポイントやレンダラーに受け渡しできるようメディア・サーバーというソフトが稼働している。MinimServer、Towenky、AssetUPNPなどがある。

PCオーディオ革命
上記構成要素の中で、最も音質に関係があるのがレンダラーだ。負荷が小さいのでminiPC
等で十分で、これだけでも十分に音がいいのだが、WindowsのプロセスをカットしOSを極限まで搾り上げると、音質が激変(向上)する。この変化は驚くばかりで、プロセスカットこそがPCオーディオ音質向上の最大の解であることは間違いない。今後、プロセスカットは、PCオーディオにとって革命的な発見となるだろう。

ただしプロセスカットは非常に危険なので、AsoyajiAudioでプロセス化とした究極のレンダラーPCを安価に提供すべく現在開発中だ。乞うご期待!

2018年1月6日土曜日

新春

あけましておめでとうございます。

昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

昨年は、いろいろ進化した年でした。
上流では、Windowsのプロセスカットで音質が圧倒的に良くなることを発見。プロセスカットでPCのスペックは低くても十分に高音質であることも確認しました。MFさんと現在音楽専用PCを開発中です。
下流では、コンマミリ単位の調整で驚きの音像を手に入れることを知りました。これは自作ならでの醍醐味です。

今年は、ASOYAJIオーディオを立ち上げ、AsoyajiDACを製品化し販売していこうと思っています。AsoyajiDACは、出力段にオペアンプを使わずファインメットコアのライントランスを使っているのが特徴で、色付けのない自然でアナログをも凌ぐ素晴らしい音を出力してくれます。

現在、準備中です。近いうちに詳細を発表できると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


2017年12月27日水曜日

現れた本当の音像

アンプとスピーカーの設定を繰り返しているが、ボーカルの音像の中心が上下に少し捻じれているように感られ、それが、どうやっても直らない。先日、ベルウッドさんが来られた時、フルレンジスピーカーとウーハーの中心が垂直方向で少しずれているとの指摘をいただいた。そこで、右のフルレンジスピーカーをウーハーに対し右に3mm移動したところ、捻じれが解消され、上下すっきりとしたボーカルに変わった。

これには驚いた。本来の音像を出現させるにはミリ単位の調整が必要だということを思い知らされた。ベルウッドさんが帰った後、アンプとスピーカーを一から調整し直すことにした。


まずは、スピーカーの置き場所を左右の壁からミリ単位で合わせ、完全に左右対称とした。

次に、ツイーター、フルレンジ、ウーハーの垂直方向の中心線が完全に1線上になるよう調整した。(ここまでは簡単だ。)

最後に、左右のパワーアンプのボリュームをコンマ.ミリ単位で調整し、楽曲の中心が完全にスピーカーの中心に来るよう微調整を行った。ツイータ用パワーアンプ(左右モノ2台)、フルレンジ用パワーアンプ(左右モノ2台)、ウーハー用パワーアンプ(左右モノ2台)の3ペアとも同様に調整した。

しかし、上中下の中心を垂直に合わせるのはな簡単ではなく、何度やっても上中下の中心が微妙にずれてうまくいかない。何枚ものチェックCDやボーカルの楽曲を聴きながら、何度も何度も繰り返し調整を続けていると、突然、それは起こった。

まるでホログラムのように美しい音像が突然目の前に浮かび上がったのだ。左右上下前後に音像が定位する聴いたこともないような音像だ。クラシックにおいてその効果はより顕著に表れる。各楽器の音色が正しく(恐らく)上下左右前後に定位している。前後感が出ることで本当にそこで演奏しているような臨場感がでてくる。焦点があったことで、全ての音が本来の定位置に付き、音の重複や薄れが解消され、本当の音が顔を出してくる。とにかく聴いていて気持ちがいい。クラシックは今まであまり好きではなかったが、どんどん聴きたくなるほどだ。

上下左右のアンプとスピーカーの焦点が完全に合った時に、忽然と本来の音場が現れたのだ。

メーカー製のアンプやスピーカ―は、完全に左右上下のバランスが合わせてあるので、こんな苦労などまったく関係ないはずだ。自作アンプによるマルチならでは苦労、というかこの調整の先にある本来の音像を発見することこそがオーディオの楽しみなのではないか。

ミリ単位、コンマミリ単位の調整の向こうにその音像はあった。それを今まで知らずにいた自分が情けないが、これを発見できたことは、オーディオ人生最大の発見、喜びだ。

今年は、音像の調整にかなり苦労したが、最後にこの発見があったことに感謝だ。終わりよければ全て良し。

2017年11月26日日曜日

至高のスピーカー


遂に理想のスピーカーを手に入れた。エンクロージャーは、Linfof工房さんの「ALPAIR7 MAOP チークラウンドボックス」、ユニットは「MarkAudioのMAOP7_v1」だ。

その音を聴くとその瞬間に本当に驚かされる。ボーカル、ピアノ、弦、ドラム、太鼓、etc.、全ての音がこれが本当の音か?!と思うほど本物に近い音が出てくるのだ。静かで力強く繊細。これまで聴いていたボーカルの声とは違う、これが本物の声かと息をのむ、ギターやバイオリンの絃の響きが艶やかで美しく、いつまでも聴いていたい。

ロックもボーカルもクラシックもジャンルを選ばす本物の音を奏でる。録音が悪く(と思っていた)余り聴きたくない音源も、聴いてみるとこれまでが嘘のように素晴らしい演奏に様変わりする。

きつく感じるところ、嫌な感じ、不足に思うところ、濁り、歪などが全くなく、あるべき音を正しく再生している、これこそが自然な音かと恐れ入る。何も言うことがないほど素晴らしい至福の音だ。

このスピーカーのユニットは、MarkAudioの「MAOP7」で直径10cmのフルレンジ、以下の特徴がある。
【MAOPとは…Micro-Arc Oxidation Process】
高電圧(700v)アルカリ電解槽の溶液中で、アルミマグネシュームのコーン
の表面を長時間かけて酸化させながら結晶を作成する表面処理の名称。
コーンの表面に柔軟な無数の気泡(多くの穴が開いている)を作る事で、
柔軟で軽く、ダンピングファクターの高い世界で初めてのメタルコーンを実現。
非常に平坦な周波数特性から、静かなドライバーと称賛されています。
http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=58199191

フルレンジで聴いても十分なほど高域から低域までこなすが、この10cmフルレンジに、高域KHz以上をツイーターで、低域300Hz以下をウーハーで添えると、更に音が迫力を増す。

そしてこのエンクロージャーが更に凄いのだ。

材質はなんと希少で超高級なチーク材だ。チーク材は、世界3大銘木の一つで、固く強靭で耐久性があり腐食しにくく水にも強い超高級木材で、家具や船舶に重宝され乱獲の結果、今ではなかなか入手は困難だ。

内部は、こんな感じで内側に溝が掘ってある。この溝が定在波を抑えるので、音の濁りの原因となる吸音材は不要とのことで入っていない。(下の写真はこのSPではなくかりん材を使った別のもの) https://blogs.yahoo.co.jp/linfof/62639609.html


こんな至高のエンクロージャーを作ったLinfof工房さんは只者じゃない。こんな素晴らしいスピーカーを入手できて本当に幸せだ。
https://blogs.yahoo.co.jp/linfof/62163858.html

入手困難なチーク材のラウンドボックスは非常に高価だが、入手しやすいカリンやオークであれば手頃な価格でこのスピーカーを入手できる。是非とも、一度、聴いてみて頂きたい。本当の音に出会えます。

http://linfof.cart.fc2.com/
https://blogs.yahoo.co.jp/linfof



2017年10月30日月曜日

チャンデバ(最終かな)

ebayで買ったLH0032がようやく届いたので、バッファに使った。なにやらいい感じだ。音に余裕が出たような。バッファに使っていたMUSE02はローパスフィルターに転用した。あらら、まるで低音の力強さが違う。ハイパスはこれまで通りOPA627BP、非常に綺麗な高音だ。チャンデバのオペアンプはこれで行くことにする。チャンデバは当面これで固定かな。

これがebayで買ったLH0032だ。製造年月がH0912? 偽物か?リマークか?わからないが、音は出てるし、バッファとしてかなり良い感じなので、良しとする。
銅のヒートシンクを見つけたので購入。
 BBのOPA627BP。これはRSから買ったので本物だろう。
 新日本無線のMUSE02.これも秋月から買ったものなので本物だ。

ツイータ用LM38864パラ・モノアンプ(3)

ツイーター用LM3886 4パラがようやく完成した。これまで、LM3886シングルを使っていたのだが、まるで違う。早くこれにすれば良かった。高域のノイズっぽさや歪などとは無縁の世界に来た感じがする。これまでのスピーカー調整など吹き飛ぶような音の変わりようだ。どうもこれまで後手後手で来てしまったようで、最初にアンプを作り直しておけばよかったのだ。しかし、紆余曲折のお蔭で、チャンデバ、パワーアンプ、マルチの音の調整を本当によく理解することができた。これは財産だ。