2011年3月23日水曜日

VoyageMPD のまとめⅡ

Ⅱ VoyageMPDのインストール手順



1 準備 


(1) 前提・確認事項
・インストールするためのCDドライブがあること。
・USB-DDC,DACなどオーディオデバイスが接続されていること。
・クライアントPCとMPDサーバーPCがLANケーブルでLANに接続されていること。
・クライアントPCにSSHソフト(PuTTYなど)がインストールされていること。
・HDDは内蔵 /dev/sda とし、パーティションは1つ /dev/sda1 とする。
・VoyageMPDのみインストールしマルチブートはしないものとする。
・楽曲はLAN上のNASに置く。楽曲フォルダーの共有名はshareとする。
・IPアドレスは以下の通りとする。
        ルータ(デフォルトゲートウエイ) 192.168.0.1 
        クライアントPC              192.168.0.2
        NAS                              192.168.0.3
        MPDサーバーPC             192.168.0.4
        ネットワーク                  192.168.0.0
        サブネットマスク            255.255.255.0
        ブロードキャスト           192.168.0.255
        DNSサーバー                 192.168.0.1



MPDサーバーPC(これからインストールするPC)での作業
(2) LiveCDからVoyageMPDを起動

① LiveCDの作成
事前にWindowsPCなどでVoyageMPDのLiveCDをダウンロードしてCDに焼いておく。 http://linux.voyage.hk/voyage-mpd


② LiveCDからVoyageMPDを起動する
MPDサーバーPCのCDドライブからLiveCDを起動しメニューでインストール開始。CDのVoyageMPDが立ち上がる。立ち上がったら、

login as: root
password: voyage

と入力しログインする。
IPアドレスがルータから自動取得(DHCP)されているので、それを確認する。

root@voyage:~# ifconfig 

でIPアドレスが表示されるので、それを次のPuttyの起動時に使用する。



クライアントPC(WindowsPCなど)での作業
(3) SSHでインストール作業を開始

PuTTYを起動
PuTTYを起動して、Configurationの画面のHost Nameのところに、先ほど確認したIPアドレスを入力する。Portは22のままでOK。この設定をSaving SessionsでVoyageMPDなどと名前をつけて保存(Save)しておく。次回起動時はLoadすれば設定が出てくる。これでOKを押すと、Puttyの画面に、VoyageMPDを起動したパソコンの画面が映し出される。

最近のvoyageMPD LIVE CDでは、IPアドレスがわからなくても、Host Nameのところに、
voyage.local
と打ち込めば、勝手に接続してくれるので楽になった。


ここでも、login as: root、password: voyage と入力しログインする。以後は、この画面で全てのインストール作業を行っていく。



(4) インストール手順のサイトを表示しておく
以降はすべてSSHソフトの画面での作業となる

2 VoyageMPDのインストール 


「root@voyage:~#」以下の赤い部分をSSHの画面にコピペして作業を進めていく

(1) インストール用デレクトリーを用意する
root@voyage:~# mkdir /tmp/root /tmp/cf

root@voyage:~# mount -o loop /live/image/live/filesystem.squashfs /tmp/root

*最新バージョンの場合
root@voyage:~# mount -o loop /lib/live/mount/medium/live/filesystem.squashfs /tmp/root

root@voyage:~# cd /tmp/root


(2) HDDのパーティションを確保する
OSをインストールするには、HDDのパーティションを確保する必要がある。ここでは、以下の2とおりの方法を記載する。(HDDの内容がすべて消える可能性もあるので十分な注意が必要。)

A 既存のパーティションをすべて削除して、新規にパーティションを作成する方法。⇒ ①へ
B パーティションの削除や作成は行わず、既存のパーティションを再フォーマットして再利用する方法。すでに既存のパーティションがあるならこの方法が最も無難。⇒ ③へ

① 接続されているHDD を確認する 
root@voyage:/tmp/root# fdisk -l
Device       Boot    Start    End       Blocks   Id   System
/dev/sda1                1   1000     801218
/dev/sda2            1000   2000     801218

② パーティションの削除・作成
root@voyage:/tmp/root# fdisk /dev/sda
command( m for help) :  となってコマンドの入力を促される。
(HDDを全て消しても問題ないことが前提なので、恐れずにやってみよう。)
[コマンド]
---------------------------------------------------------------------
   m   オプションを見る
   p    パーティション情報を確認
   n    新規パーティション作成
   w    反映
   d    削除
   t     システムタイプの変更
 ---------------------------------------------------------------------
A 既存のパーティションをすべて削除して、新規にパーティションを作成する方法。
既存のパーティションがなければ、すぐに新規作成する。


既存の sda2 を削除する
root@voyage:/tmp/root# fdisk /dev/sda
  command (m for help): d  *パーティションを削除する
     Partition number (1-2): 2 *削除するパーティションはsda2
  command (m for help): w  *設定を反映させる


既存の sda1 を削除する
root@voyage:/tmp/root# fdisk /dev/sda
  command (m for help): d  *パーティションを削除する
     Partition number (1-2): 1 *削除するパーティションはsda1
  command (m for help): w  *設定を反映させる


新規に sda1 (基本パーティション)を作成する
root@voyage:/tmp/root# fdisk /dev/sda
  command (m for help): n   *パーティションを作成する
  command action        
      l   logical (5 or over)         *論理パーティションを作るなら  l
     p   primary partition (1-4)  *基本パーティションを作るなら  p 
          p           *基本パーティションを作るのでPを選択         
     Partition number (1): 1    *パーティション番号は1
          First cylinder (1-2000, default 1):
      *パーティションの最初のシリンダーを指定する、通常は1、改行でも可。
             Using default value 1 
          Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-2000, default 2000): 2000
     *HDDを全てsda1の領域にするので2000とする。デフォルトも全てなので
      そのまま改行でも可。
      パーティションを分割する場合は、その容量を数値で入れる。
      +K,+M,+Gでの設定も可(例えば+20Gなら20GBのディスク容量を確保する
      意味、これの方が分かりやすい)。
             Using default value 2000 
  command (m for help): w 設定を反映させる


③ パーティションをフォーマットする 


フォーマットするパーティションを確認する
root@voyage:/tmp/root# fdisk -l

Device        Boot   Start     End     Blocks     Id    System
/dev/sda1              1    2000    801218


ext2でフォーマットする
root@voyage:/tmp/root# mkfs.ext2 /dev/sda1


ext2 の設定条件を変更する
root@voyage:/tmp/root# tune2fs -c 0 /dev/sda1

(3) インストール開始
root@voyage:/tmp/root# /usr/local/sbin/voyage.update


インストールを開始するとインストーラーがどんどん質問を投げてくる。これに答えていく。ただし、defaultで番号が選択されているので、よければ改行を押して進む。


① 新規かアップデートか?
What would you like to do?
1 – Create new Voyage Linux disk
2 – Update existing Voyage configuration
3 – Exit
(default=1 [Create new Voyage Linux disk]): 改行

② インストールするディレクトリーは?
Where is the Voyage Linux dustribution directory?
(default=/tmp/root): 改行

③6つの 質問メニューがでてくる。(1は上で済み)
What would you like to do?
 1 – Specify Distribution Directory
 2 – Select Target Profile
 3 – Select Target Disk
 4 – Select Target Bootstrap Loader
 5 – Configure Target Console
 6 – Partition and Create Filesystem
     (default=2 [Select Target Profile]):改行

2 – Select Target Profile
Please select Voyage profile:
1 – 4501
2 – 4511/4521
3 – 4801
4 – 5501
5 – ALIX
6 – Generic PC
7 – Notebook (pcmcia)
8 – WRAP
(default=6 [Generic PC]): 6

3 – Select Target Disk

Partitions information
major minor  #blocks  name

   8        0   58605120 sda
   8        1    2048256 sda1   *ここにインストールする
   8        2    8192000 sda2
   8        3   40957717 sda3
   8        4    7404544 sda4
   8       16    3915776 sdb
   8       17    2048821 sdb1
   8       18    1864340 sdb2
   7        0      80348 loop0
   7        1      80348 loop1


Which device accesses the target disk [/dev/hde]? /dev/sda
Which partition should I use on /dev/sdc for the Voyage system [1]? 
Where can I mount the target disk [/tmp/cf] ? 改行


4 – Select Target Bootstrap Loader
Which loader do you want (grub or lilo) [grub]? 改行
Which partition is used for bootstrap [1]? 改行

5 – Configure Target Console
Select terminal type:
1 – Serial Terminal
2 – Console Interface
(default=2 [Console Interface]): 改行

6 – Partition and Create Filesystem
What shall I do with your Flash Media?
1 - Partition Flash Media and Create Filesystem
2 - Use Flash Media as-is
(default=1 [Partition Flash Media and Create Filesystem]): 2

7 Copy Distribution to Target
選択結果が表示される。問題なければyで改行。
Configuration details:
----------------------
Distribution directory:   /tmp/root
Disk/Flash Device:        /dev/sda
Installation Partition:   /dev/sda1
Bootstrap Partition:      /dev/sda1
Will be mounted on:       /tmp/cf
Target system profile:    Generic PC
Target console:           standard
Bootstrap installer:      grub
Bootstrap partition:      /dev/sda1
OK to continue (y/n)? y

④ インストールが開始される。
Ready to go ・・・
Copying files ・・・ done

⑤ 質問を終了する
デフォルトで改行。
(default=8 [EXIT]):改行

⑥ root@voyage:/tmp/root#に戻ったら終了

⑦ CD-ROM を取り外して再起動する。
root@voyage:/tmp/root# reboot


3 VoyageMPDの設定 


2001/5/18追記 これまでエディターは vi を使う前提で書いてきましたが、このLinux標準のエディターは非常に使い勝手が悪いものでした。
vi に変わる非常に使いやすいエディターを見つけたので、是非これをお使いください。
これ以降の文中の vi と書いたところは jed と読み替えて使ってください。
  参照 http://asoyaji.blogspot.com/2011/05/vijed.html


jedのインストール
root@voyage:~# apt-get install jed
jedの使い方
root@voyage:~# jed /etc/mpd.conf

(1) vi の変更を保存できるようコマンド入力
root@voyage:~# remountrw

(2) 日本時刻を設定
root@voyage:~# dpkg-reconfigure tzdata
GUI 画面で Asia  Tokyo を選ぶ

(3) .bashrc の最終行に以下の3行を書き込む
root@voyage:~# vi ./.bashrc
remountrw
/etc/init.d/mpd restart
:wq

(4) IP アドレスの固定化
一般の家庭では、ルーターのIPアドレスは、192.168.0.1か192.168.1.1です。
なので、PCのIPアドレスは、192.168.0.2~254、192.168.1.2~254になります。
ルータは、LANに接続するPC等にIPアドレスを自動的に貸与(DHCP機能)するのですが、貸与するIPアドレスの番号が度々か変わってしまうことがあり、そうなると困ることにまります。

そこで、ルーターのDHCP機能を使わずに、手動でIPアドレスを固定設定してしまうと安全です。

DHCPを使わずIPアドレスを手動で固定設定する方法。
root@voyage:~# vi /etc/network/interfaces

 auto eth0 の以下の部分を書き換える
 #iface eth0 inet dhcp   *dhcpは使わないので#を付けて無効にする
 この下に以下を書き込む

 ルーターが192.168.0.1なら
 iface eth0 inet static
 address       192.168.0.4 (固定するIPアドレス、他のPCで使っていない番号にすること)
 netmask      255.255.255.0
 network      192.168.0.0
 broadcast   192.168.0.255
 gateway     192.168.0.1 (ルーターのIPアドレス)
 dns-nameservers 192.168.0.1 (ルーターのIPアドレス)
:wq


ルーターが192.168.1.1なら
iface eth0 inet static
 address       192.168.1.4 (固定するIPアドレス、他のPCで使っていない番号にすること)
 netmask      255.255.255.0
 network      192.168.1.0
 broadcast   192.168.1.255
 gateway     192.168.1.1 (ルーターのIPアドレス)
 dns-nameservers 192.168.1.1 (ルーターのIPアドレス)

:wq


(5) alsa のデバイス番号を固定する
オンボードのオーディオ・デバイスがあるなら、BIOSで無効にしておく。
BIOSで無効にできるなら以下の作業は不要!

ただし、BIOSでオンボードのオーディオ・デバイスを無効にできないPCもある。その場合、PCを起動するたびにデバイス番号が変わってしまい、そうなると音が出ない。

そこで、デバイス番号が変わらないように固定してしまう。

オーディオ・デバイスの番号を確認する
root@voyage:~# cat /proc/asound/cards

0 [Intel ]: HDA-Intel - HDA Intel
                      HDA Intel at 0xee240000 irq 17

1 [default ]: USB-Audio - Phase Tech UDIF7
                       KYODO Phase Tech UDIF7 at usb-0000:00:1d.0-1, full speed

0 はオンボードのオーディオデバイス、1 はUSBのオーディオ・デバイス

デバイス番号をに固定する
root@voyage:~# vi /etc/modprobe.d/alsa-base.conf

-2を1に書き換える
変更前 options snd-usb-audio index=-2 
変更後 options snd-usb-audio index=1  
:wq

(6) mpd.conf の設定
MPDの数々の設定は既にmpd.confに書き込まれているので、必要な項目のみ書き換えたり、コメント「#」をつけたり外したりする。#が付くと無効、#を外すと有効になる。

root@voyage:~# vi /etc/mpd.conf


#bind_address "localhost"  *これは必ず#を付けること!!

audio_buffer_size "1024"     #を外し各自で数値を調整する
buffer_before_play "30%"  #を外し各自で数値を調整 


デバイスがUSBだけの場合
# An example of an ALSA output:
#
audio_output {
         type                 "alsa"
         name               "My ALSA Device"
         device              "hw:0,0"                  # optional
#       format             "44100:16:2"           # optional
#       mixer_device    "default"                  # optional
#       mixer_control   "PCM"                     # optional
#       mixer_index     "0"                          # optional
}

デバイスを1に固定化した場合
# An example of an ALSA output:
#
audio_output {
         type                 "alsa"
         name               "My ALSA Device"
         device              "hw:1,0"             # optional *上記設定の1にする
#       format              "44100:16:2"     # optional *#で無効にする
#       mixer_device    "default"             # optional *#で無効にする
#       mixer_control   "PCM"                # optional *#で無効にする
#       mixer_index      "0"                    # optional *#で無効にする
}

再生ソフトで音量調整する場合は、
mixer_type "software" #を外し有効にする
再生ソフトで音量調整しない場合は、
mixer_type "disabled" #を外し有効にする 
最終行にも記述されているので#を付けるか外すか確認する
:wq

mpd をリスタート
root@voyage:~# /etc/init.d/mpd restart

(7) 楽曲のあるHDDディレクリーにマウントする
楽曲を再生するには、楽曲を保存してあるHDDをVoyageMPDが認識できるようマウントしておく必要がある。

楽曲は、WindowsPCでリッピング・保存しバックアップしたりと日常的な管理が大事です。

Windowswで楽曲管理しながらVoyageで再生できる利便性を考えると、NASが一番便利でお勧めです。

内蔵HDDは不便なのでお勧めしませんし、USB-HDDも気軽で便利ですが、楽曲管理する際に、一々VoyagePCから外してWindowsPCに繋ぎ換えなければならす不便です。

以下はNASの設定です。

外付USB-HDDなどに楽曲がある場合は以下を参照http://asoyaji.blogspot.com/2011/04/voyagempdhdd.html

fstabにマウントの設定を記述をしておくと、起動時に自動でマウントしてくれる
root@voyage:~# vi /etc/fstab

fstabの最終行に以下の1行を書き込む
//192.168.0.3/xxxx /music cifs username=yyyy,password=zzzz,uid=root,iocharset=utf8 0 0
:wq
--------------------------------------------------------------------------
//192.168.0.3/xxxx   (NAS のIP アドレスと共有フォルダ名xxxx、バッファローならshare )
/music       (voyage のマウントポイント )
cifs         (インターネット経由でファイル共有を可能にするプロトコル)
usersername=yyyy (WindowsPC のユーザー名yyyyを指定)
password=voyage (voyage のパスワード=voyage) *NASのパスワードのようです。無しなら不要です。 
uid=root       (voyage のユーザー名=root)
iocharset=utf8    (NAS の日本語のディレクトリーやファイル名を表示できるようにする )
-------------------------------------------------------------------------
Voyageのマウントポイントを作成
root@voyage:~# mkdir /music

fstabのマウントを手動で実行(NASの楽曲が /music にマウントされる)
root@voyage:~# mount -a

/musc を /var/lib/mpd/music にリンクする
voyageの音楽データはmpd.confの中で、/var/lib/mpd/music に置くように設定されているので、マウントした /music を更に /var/lib/mpd/music にリンクする。これで楽曲が /var/lib/mpd/music に表示され、VoyageMPDは楽曲を再生できるようになる。

root@voyage:~# ln -s /music /var/lib/mpd/music

(8) ctrl + alt + del で電源オフ
root@voyage:~# vi /etc/inittab

変更前 ca:12345:ctrlaltdel:/sbin/shutdown -t1 -a -r now
変更後 ca:12345:ctrlaltdel:/sbin/shutdown -t1 -h now

:wq

以上で全てのインストール・設定作業は終了。



4 MPD クライアントソフトのインストール


(1) Windowsで使えるクライアントソフト
・Gmone Music Player

・Music Player Minion


(2)「Music Player Minion」の場合


① インストール
・「Music Player Minion」はFireFox のPlugin として動作するソフト。
・FireFox(http://mozilla.jp/firefox/)のインストールが必要。
・FireFoxを起動し「ツール」「アドオン」「アドオンを入手」検索窓に「Minion」と入力 し、「Minion」が現れたら「FireFox に追加」「今すぐインストール」
・FireFox のメニューに「Minion」ができる


②voyageMPD との接続設定
・「Minion」「Setting」「Manage server」
・Description Voyage MPD
・Host 192.168.0.X
・Port 6600

③ Minion で再生
・FireFox「minion」「Launch Music Olayer Minion」でMinion 起動
・左やや上の「歯車アイコン」「voyageMPD」で接続
・右下に「OK MPD@192.168.0.X:6600」と出る
・フォルダーにNAS の楽曲ディレクトリーが表示される(最初はデータベースを作るのに時間がかかる)
・右側のプレイリストに入った楽曲が再生される

以上