2012年7月29日日曜日

理想のPCオーディオ(3)

DSDはDACチップがなくてもローパスフィルターのみで再生できる。これは、デジタルアンプと同じ原理だ。しかもRC一発でOK!

しかし高級なフィルターでないといい音がでないと聞いていたので放置していたが、先日来、RCもしくはLRもしくはLのみでDSDが再生できたとの成果を相次いで報告いただいた。

これは、自分でもやってみるしかない。とのことで、簡単なRCローパスフィルターを作ってみた。

カットオフ100kHz、コンデンサはサンリングの220p、抵抗は7.5kΩ。

UDA基板のP6から3番L、4番R、7番GNDをつないだ。
DAC1794は使っていない。


おおおおお!見事にDSDが再生できた!しかも全くノイズなし!アンプがないので音量はやや小さいが、綺麗なDSDが再生できた。ただし、DSD再生時に例のポップノイズが出るが今は問題ではない。

この音は驚きの音だ。まず透明感と解像度が非常に高い。"何も足さない何も引かない"そんな感じだ。これがDSDの音そのものなのか。非常に自然でピュアな音。まさにこれがDSDの音だ。

こりゃあ凄い。この音なら間違いなくDACチップはいらない。高価なDACが不要?。メーカーさんがやりたがらない理由が分かった。

これは大変なことになった。