2015年5月17日日曜日

ミラードアクロポリス方式

S氏のスピーカーの種明かし。

これは昭和56年の昔に、江川三郎さんがオーディオアクセサリーに紹介した「ミラード。アクロポリス」という方式なのだそうだ。

ウーハーが背中合わせで逆向きに取り付けられており、内部の位相は逆相となり打ち消し合い箱が振動しないのだ。


後はこうなっている。ドローンではない。
低域がとにかく太く力強い。ドラムの切れが良く早い。箱鳴りが全くなく、床の震動もない。不思議な感じだ。これほど低域が良いと、上に乗る中域も素晴らしい。ツイーターで高域を少し添えると更に美しくなる。



先日発売になった、ダイアソウルの「i」のウーハーも正にこの方式だ。
http://diasoul.co.jp/jp/

こんなのもある。
http://jp.techcrunch.com/2014/12/23/20141222devialet-phantom/

なぜか最近になって目につくようになってきた。