2017年8月16日水曜日

ラフにやろう

JPLAYの設定について、これまで私も含めて何人かの猛者達が試行錯誤して構築した最先端の環境を紹介してきた。

しかし、普通のPCユーザーにとってこれは相当にハードルが高いものだろう。自分で煽っておいて何だと言われるかもしれないが、これを見て無理だと思った人や上手くいかず挫折した人も多いのではなかろうか。

そもそもJPLAYが良いと思ったのは音質だけではなく、誰もが使っているWinodwsベースのソフトだったからだ。それが、余りに環境を突き詰めることでJPLAYを諦めてしまうようでは本末転倒。音楽を楽しむことが第一だ。

そこで、最初は、猛者達の真似などせず、JPLAYをラフに設定して、その後、少しづつグレードアップいくことをお勧めする。その際の注意点を4つにまとめた。

第一は、OSだ。サーバー用のOSであるWindowsServer2012や2016をコアモードで使うなんて聞いただけで引いてしまう。しかし、音楽再生専用PCであればサーバーにこだわる必要はないWindows10でも十分にいい音がする。そこでOSには最近猛者たちも認めたWindows10PROを使うことをお勧めする。これなら安価だし仕様版のライセンスの問題もない。コアモードでなくそのままのGUI環境で気軽に設定できる。

第二に、DACLink700Hzだ。猛者たちは血眼になって700で再生できる環境を構築してきたが、そもそもJPLAY側は700Hzが良いとは言っていないし、マーシンは最初は1Hzで聴いていたそうだ。私も最初は1Hzで聴いていた。JPLAYの音は700Hzが最高というわけではないので、こだわらずに自分の装置で再生できる値でやればいい。1Hzでも170Hzでもいい音だ。そもそもJPLAY側はDACLinkが何なのかを公表していない。

第三に、デュアルやトリプルにこだわらずに、まずは、音楽専用のPCを1台用意して、内蔵HDDに楽曲をいれて、シングルで聴いてみよう。
ただし、JPLAYの真価はJPLAYStreamerを使うことで発揮されるので、音楽専用PCを2台使うデュアル化はお勧めだ。この際、多少のLANの知識が必要になるので、ここだけは何とか勉強していただきたい。

第四に、オンボードのUSB、LANポートを使おう。今のPCには十分すぎるくらいのオンボードデバイスが最初から付いている。最初はこれらを使って、徐々にPCI-Express用基板に変更していけばいい。

以上、自分の力で出来る範囲で環境を構築し、JPLAY+音楽を楽しむことが大事だ。