2017年9月14日木曜日

フルーエンシープレーヤー

本日、半導体計測屋さんがフルーエンシープレーヤーの販売を開始した。Amazonで買うことができる。



このプレーヤーは、普通のメモリープレーヤーではない。なんと、FN1242Aという半導体DACチップ(ハードウエア)で行っていたフルーエンシー補完を、ソフトウエア(マイコン)で実現した画期的なプレーヤーなのだ。

具体的には、44.1kHzの楽曲を8倍オーバーサンプリングし、フルーエンシー理論に基づいた計算でデータを補完し352.8kHzで出力する。これは、正にFN1242AがDACチップ内でやっていることそのものだ。FN1242Aのあの艶のある音が好きだった人は多い。

半導体計測屋さんも私もその一人だった。FN1242Aの流通在庫が底をつき、もう二度とあの音を聴くことができなくなったと残念に思っていたが、なんと半導体計測屋さんは、密かにこのフルーエンシープレーヤーを開発していたのだ。

*フルーエンシー理論
筑波大学の寅市和男氏が発明した、デジタル情報を補完する技術。44.1kHzでサンプリングされた楽曲データを8倍オーバーサンプリングし、その空いた場所にフルーエンシー理論で計算されたデータを補完するもの。補完により情報量が増し、アナログに近い自然な音がすると評判になった。
日本では、ラックスマンがこの技術に基づいて開発したDACを搭載したDP-07というCDプレーヤを発売、また、新潟精密がこの技術を搭載したDACチップFN1242Aを発売した。
http://www.jst.go.jp/kisoken/seika/zensen/04toraichi/

第一号を先行して送って頂いた。


早速、DACと接続する。赤い本体基板のサイドに接続しているのは、赤外線リモコン基板だ。本来はボタンスイッチを押して使わなければならないのでリモコン対応はありがたい。

信号はI2Sで赤い基板のUEXT端子から出力される。これをDACのI2S入力に繋げばいいのだが、HDMI送信基板が付いていて、DAC側にHDMI受信基板があれば、HDMIで接続できるので、本体をDAC内部に入れずに済み外部に置くことができる。

PSAudioなどHDMI入力(I2S用)端子のある機器であれば、そのまま接続できるが、端子がない場合は、別途、HDMI受信基板を用意し、DAC内部に取り付ける必要がある。取り合えず、DACにHDMI受信基板を接続した。


接続方法
① リモコン基板から突き出ている4つのピンを、本体のボタンスイッチ横の半田部分に接触するように接続する(ネジ穴に合わせて3Mネジで止める)。
② 本体のICSP端子の3.3VとGNDに付属の赤黒のケーブルを繋ぎ、リモコン基板の3.3V,GNDに繋ぐ。
③ 本体のUEXT端子ととHDMI送信基板を付属のカラフルなケーブルで繋ぐ。
④ MicroUSBケーブルで5V電源を繋ぐ。
⑤ HDMIケーブルを、DACのHDMI入力(I2S用)に繋ぐ。

再生方法
① 電源を繋ぐと起動スプラッシュ画面が出る。
② USBか、SDカード入れると、ディレクトリを総ざらいし先頭から再生を開始する。
③ ボタン操作(リモコンも同様)
  左ボタン   前の曲(再生経過時間5秒以下)or曲の先頭(同5秒以上)
  中央ボタン 停止&リジューム&コンフィグファイル生成(黄色点灯)
  右ボタン  停止中は曲の先頭から再開or再生中は次の曲
  最右ボタン リセット
 * WAVとFLAC混在、LEDの光り具合で切替りが判断できる。
 * 文字化けファイル名があると、前の曲ボタンは効かなくなる。
 * 次の曲ボタンは、文字化けファイルを飛ばして次の曲に行く。
④ USBはホットプラグ、ホットアンプラグ可能。
 *タイミングによっては起動画面出ないので、その時はリセットボタンを押す。

仕様
① 対応フォーマット:WAV、FLAC(他形式は無視される)
② フォルダ名、ファイル名共:半角英数
 *先頭6文字が半角英数ならそれ以降は全角漢字混じりもOK
 *フォルダ階層は5階層まで可能
③ オーバーサンプリング
 *WAVは最大8倍オーバーサンプリング(緑点灯)
 *FLACは圧縮率に依存し最大で4倍オーバサンプリング(赤点灯)
④フォーマット:USBメモリーはFAT、MicroSDカードはFAT32。
⑤メモリ容量:最大32GBまで。

*詳細な資料は半導体計測屋さんのブログで
 https://zx900a.blogspot.jp/

さっそく、音出し。

おー、あのFN1242Aの音だ。艶があり、独特の自然さがある音。どこか安心する、聴いていて気持ちが良い音だ。FN1242A好きには堪らないかも。

実は今年の3月あたりに試作機を試聴させていただいたのだが、その段階ではメモリの読み込みなどいろいろ問題があり、音質も今一つだった。

しかし完成品では、問題点は完全に解決され、音質も見違える程に良くなっている。これは、MPU内部PLLマスタクロックをOSC供給に変えたことが大きいとのこと。

取り合えずバラックで音出しをしたが、DACにHDMI受信機を取り付け、本体はケースに入れることにしよう。





アルミ板に固定、DAC改造
 6m厚のアルミ板にタップを切って、プレーヤーを固定した。

 DACにHDMI受信基板を取り付け、セレクターで切り替えできるように改造