2017年9月16日土曜日

フルーエンシープレーヤー+デュカロン

フルーエンシープレーヤーのクロックを停止して、DACからデュカロンのクロックを引き出し、フルーエンシープレーヤーに入力した。


これぞ激変。これまで少し焦点の甘かった音が、きりりと締まりソリッドでビビットで恐ろしいくらいの生々しい音に変わり、弱かった低音がズンズン出ている。驚異的な解像度だ。やはりデュカロンは並みのクロックではない。

毎日聴いているデュカロンの音であるが、こうして比べてみると改めてその驚異的な力を思い知る。

デジタル音楽で、SNが高く静かでノイズのない素晴らしい音を再生する機器は多い。しかし、よくよく聴くと、音の粒の焦点が甘く丸いものがほとんどだ。残念だがこれはクロックの精度が低いからだ。

ここがデジタルの肝で、デュカロンのような高精度のクロックを入れると音が粒立ち焦点がはっきりとし上記のようなまるでアナログのような音になる。いやソリッド感から言えばアナログ以上だ。デジタルはやはりクロックが命なのだ。